中国お仕事日記 1日目 〜初日からメール誤送信で冷や汗〜




1日目、契約書の続きです。

オフィスを一通り案内してもらい、今後関わっていきそうな方や、
お偉いさんに挨拶をしました。中には「こんにちは」とか「わたしは○○さん」ですと、
日本語を混ぜてくれる方もいて、大変ありがたかったです。

わたしは記憶力が良くなく、人の名前を覚えるのが正直苦手。。
しかも中国語の名前(イングリッシュネームもそこそこいますが)は大変覚えづらく、
一度聞いただけでは漢字が思い浮かばないことも。。

そこは仕方ないと割り切りだんだん知り合いになるしかないですね。
覚えてもらうために、賄賂のお土産は多めに忍ばせて正解でした。

今回日本にいる際に、同僚数人に代理購入を頼まれていて、商品を渡しました。今回は歯磨き粉、子供用電動歯ブラシ、サロンパス(笑)です。

代理購入はやっかいで面倒ですが、最初は覚えてもらったり良い関係を築くのに(恩を売って・・)大事ですね。

チーム配属のはずが・・

わたしは、ええ、元々グローバルマーケティングチームに入るという事だったんですが、
案内された席は別チームの空いている席。

※イメージ (オフィスは縦長で、多分100mくらいあるのでは)
position

おかしいなぁと思いながら、まずはおとなしく従います。

そしてPCを設定。自社はDELLのノートPCです。
PCが英語記事かつUSキーボードなので、慣れるのに少し時間かかりそうで、
意外と日本語の普通入力や、ショートカット設定は面倒なんですよね。

VPNの申請も時間がかかるということで、Google日本語入力はダウンロードできず。
仕方なく使いづらいIMEでしのぎます。中国語はSogouを愛用してます!

おそらく社内でダウンロードするソフトもデフォが日本語でないので、
しばらくは余分な時間がかかりそうです。

楽しみな食堂ランチ

そんなこんなでお昼の時間に。

12:20 – 13:20 がランチタイム。
11:20 – 12:20は工場で働くひとのランチ時間で、1時間ずらされています。

食堂は契約書の話で書いたように、5元!おかず&ごはん・スープ食べ放題!
もしくは麺類です。社員証を機械にピッとすれば、給料から自動的に5元ひかれます。

さすがに1000人規模用の食堂なので、そこいらの小さい規模の大学の学食くらいあり、
みなさんかぶりつくようにご飯を食べます。10~15分で食べてささっと出ていく人が多いですね。

食べ終わったプレートをきちんと片付けすると、果物が支給されます(笑)
日替わりでりんご1個や、みかん1人2個まで、など。健康的です。

オフィスに持ち帰って、おやつに水洗いして、まるかじりです。

おばちゃんボスとミーティング

さて、ここで中国人のおばちゃんボスから呼び出しが入りました。
おばちゃんボスは、面接したときの3人目の人で、社内ではVP(Vice President)で営業のトップ。創業期からいるコアメンバーです。

「やあ、元気かい?日本での仕事はどうだった?」
など、軽い話を済ませて、ミーティングに入ります。

boss

日本での仕事の報告(※)や、取り組んでほしい仕事の説明を受け、
(※就労ビザが取れるまで日本支社で2ヶ月業務委託として働いてました。)
それ自体は良かったのですが、

「あんた、グローバルチームじゃなく、一旦ワタシと2人ね」

「・・!?」
「え・・・2人だけ?」

「そうよ」

(おや〜 これはやばいプレッシャーのやつや)

と、有無を言わさぬ圧倒的なオーラで言われ、わたしは頷くのみ。

「1年目うまくいけば、その次はグローバルで別地域も担当ね〜」

と、期待とモチベーションをあげつつプレッシャーをかけてくるのが
おばちゃんの上手なところ。頑張るしかありません。

ちなみに同僚の中国人は、タジキスタン、トルクメニスタン、といった
スタンスタンしているところや、確かスリランカにも行っていて、出張先がなかなかおもしろい! 

ヨーロッパ出張よりも、スタンスタンに興奮するあたり、わたしは嗜好がちょっとずれてるかもしれないです。。ああ、わたしも行きたい。

グローバルチームじゃなく 1on1 おばちゃん
知り合い作りづらいやん!

そんなこんなでミーティングが終わり、プレッシャーをかけられつつも、
直接おばちゃんボスとガツガツ仕事を進めるのはとても良い経験になりそうで楽しみです。

「わたしゃ、目標数値のどうこうよりも、細かい実行施策がみたいんだよ」

ここらへんは中国人の強いところです。

本日最大のイベント、メール誤送信

とまあ、ここまでは順調だったんですが、
帰る直前に一回やらかしました〜。

日本で働いていた時のメンバーに、
ウキウキと新しいメールアドレスを伝えようとOutlookでメールを書いていました。
社内はOutlookです。はじめて使います。

(さて書き終わって、送信・・ )

エラー通知

(あれ、エラーメッセージがでる。)

Toのところをリスト内のものに変えろとの警告。

(え〜とジャパンメンバーのリストがないなあ)

(この外国籍っていう中に含まれてそうだな、どれどれ)

ポチっ

”メールが送信されました”

「え、え、え、・・・」

「外国籍って、グローバルオフィス全体やないがあああああああああああああああ
あfなおうじゃぽうfんrなぽうぇうfんぱおえうあwぺおうfなぽふわおぷあw」

と気が狂って、泣く泣く同僚に、どう謝罪文を出せばいいか聞きました。

同僚「取り機能あるよ」

私「助かった・・!」

幸い、、Outlookにはメール取り消し機能がある・・!
使ったことがなく知らなかった(泣) 一瞬で冷や汗が吹き出ました。

すでにメールをあけてしまった数人は仕方ないですが、
どうせ日本語だし読めないだろうと、勝手に安心しました。

知り合いの方で、入社直後に彼女へのメールを全社に送った方がいて(笑)
それに比べればたとえ送ったとしても大したことないです。
自分より悪い事例を聞いておくと心が休まります。

こんなところで1日目終了。

就業後は支給されたチャリ(サドルが小さくてお尻が痛い)にのって、
夜の町を見て回りました。この話はまた別のときに。

再見!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。