中国大手IT企業も安泰じゃない!人員削減の流れに。




テクノロジー企業の発達が著しい中国ですが、大企業になったからといって、安泰ということはほとんどありません。

倒産、撤退、人員削減などを扱った記事(以下)があり、そのなかで、大手の状況をまとめる文章がありました。

https://mp.weixin.qq.com/s/DWBx8WcBdhb3y4rfrPgG2Q

活下去的大公司也不容易,纷纷陷入裁员潮,京东不要三种人,滴滴裁员15%,ofo裁员50%;科大讯飞裁员30%,腾讯裁员10%,华为停止社招,网易裁出了暴力裁员事件……
大家日子过得都不容易阿!

生き残っている大手でさえ簡単ではない、徐々に人員削減に陥っている。京東は三種類の人間を必要ないといい、Didi(タクシー配車)は15%人員を削減、Ofo(シェア自転車)は50%削減、科大讯飞は30%、テンセントは10%人員削減し、HUAWEI(ファーウェイ)は採用を止めました。ワンイーでは暴力人員削減事件まで、、

みな、日々を過ごしていくのはむずかしい!

※京東の三種類の人間とは、必死に頑張らない人、仕事の成績が悪い人、コスパの悪い人を指しています。

スキルをもって、別会社にいける状態にしておくのが大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。