中国おもしろ商品④ 近未来のキーボード? 黑科技?




中国おもしろ商品第4弾は、近未来の?キーボードです。

もうボタンがいる時代は終わるのか、それとも実用化されない“黑科技” なのでしょうか。

※黑科技とは、新しいテクノロジーを利用しているものの実用的でない、誰が使うのかわからない。といった場合に用いられるブラックテクノロジー。嘲笑の意味も入っていますね

近未来のキーボード?

キーボードはこちらです・・・

投影してキーボード入力ができる
ピンチアウトなど、手でも動かせます
邪魔なものと重なってしまっても、きちんと認識される
真っ暗な部屋で映画を見ながら操作、のようなことをしたらオシャレかもしれませんね!

投影キーボードです!

皆さんの評価はいかがですか?

皆さんの声が聞こえてきます・・ 

『あ〜 こんなものか』 ・ω・

『ほしい!やってみたい』 (^^)/

『あれ?見たことあるぞ』 (´・ωゞ)

が、期待はずれでも仕方ありません。。黑科技なのですから!

また、見たことある方はいるかもしれません。日本でも以前発売されたものがありました。(どこが最初に発売したのかはわかりませんが)

ELECOM

2万円以上で発売していました。2012年頃のようですね。だいぶ前に発売したようですが、価格は少しお高め。

中国で発売しているものは半額以下

時間がたったのか、ニーズが少なかったのかもしれませんが、価格は319元と5000円以下ですね。さらに安いものですと

安いものは199元と、3000円程で購入が可能です。これは1つポチリたくなりました。

(横の緑のは、中国在住者ならお馴染みのミントキャンディですね(^ω^)ペロペロ )

店舗ページはこちらです。

https://item.taobao.com/item.htm?spm=a230r.1.14.38.22e91962R6J5p4&id=616868919971&ns=1&abbucket=13#detail

購入者のレビューは良さそう?

タオバオのレビュー

『旦那はすごく好きだった』

『正規品で、容量も大きくてよかった、満足です』

『性能がよく、彼氏が好きだった』

などの意見が並んでおりました。

中国のレビューはサクラもいるので、全部は信用できませんが、全体的に高評価が並んでおり、口コミもそこそこの量があったので、本当に満足している方も多いのかもしれません。

以上、投影キーボードでした! 将来普及するのでしょうか? −中国おもしろ商品④

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。