”早寝早起”、”遅寝遅起”の中国都市はどこか? 若者「90後」の6割以上は睡眠不足?




中国のどこの都市が早寝早起き、遅寝遅起きか知っていますか?

日本の若者6~7割が睡眠不足であるように、中国の若者90年生まれ後の世代「90後※」も6割以上が睡眠時間が足りていません。

※中国では20~30代といった言い方よりも、90後(90后)、80後(80后)といった言い方が良く使われます。

中国の若者の実態と、都市別の睡眠状況を見てみましょう!

中国若者の睡眠時間

1

「90後」の6割以上が睡眠時間の不足感じる

北京为起床最早城市、超六成90后睡眠不足
早起きの都市トップは北京、「90後(1990年代生まれ)」の6割以上が睡眠時間の不足を感じる

研究结果显示,中国90后年轻人普遍睡眠不佳,呈现出“需要①辗转反侧zhǎn zhuǎn fǎn cè,才能安然入睡”的状态。

中国の「90後」の若者たちの睡眠指数に関する研究によると、彼らはいずれも「何度も①寝返りを打ちながらようやく眠りにつく」という睡眠不足の状態であることが明らかになった。

其中,“②苦涩kǔ sè睡眠shuì mián”占29.6%,“③烦躁fán zào睡眠”占33.3%,“不眠”占12.2%,“④安逸ān yì舒适shū shì 睡眠”占19.4%。

なかでも「②無理やり睡眠」は29.6%、「③イライラ睡眠」は33.3%、「不眠」は12.2%、「④安らかで心地良い睡眠」は19.4%だった。

2

从睡眠时间上来看,90后睡眠时间平均值为7.5小时,低于健康睡眠时间。6成以上觉得睡眠时间不足。对入睡时间的调查显示,30.9%的人入睡需要30分钟以上,0.9%需要①药物yào wù助眠zhù mián才能入睡。

「90後」の平均睡眠時間は7.5時間と、健康的な睡眠時間を下回っており、6割以上が「睡眠時間が足りていない」と感じていた。眠りにつくまでに要する時間に関する調査では、「ベッドに入って眠りにつくまで30分以上かかる」が30.9%、0.9%が「①睡眠薬の助けを借りてようやく眠りにつくことができる」としている。

早寝上海、早起き北京。遅寝珠海、遅起き深セン。

3
调查显示,对于中国90后来说,睡得最早的城市为上海,睡得最晚的城市是深圳;起床最早的城市为北京,起床最晚的城市为珠海。从具体的职业来看,最容易失眠的是①程序员chénɡ xù yuán ,占16%,其次是②蓝领lán lǐnɡ、销售、咨询人员③新兴职业xīn xīnɡ zhí yè④淘宝店主táo bǎo diàn zhǔ⑤网红wǎnɡ hónɡ的睡眠状况也不是很好,分列第五、第六位。

中国の「90後」についていえば、最も早く寝る都市は上海で、最も遅くまで寝ている都市は深センだった。最も早く起きる都市は北京で、最も遅くまで起きている都市は珠海。職業別に見ると、不眠に最も陥りやすいのは①プログラマーで16%を占め、②ブルーカラー、販売員、コンサルタントがこれに続いた。③新興職業である④淘宝ショップのオーナー⑤ネット有名人の睡眠状況も、良好とは言えず、ショップオーナーは第5位、ネット有名人は第6位だった。

いかがでしたか?
皆さんはしっかり睡眠をとって、健康的な生活を送りましょう!

★★★★中国語勉強したい方へ★★★★

本記事は、中国現地で著名な語学学校「TLI 中智グループ」の記事を編集してお届けしています。商社、銀行、メーカー等の駐在員も通うTLIが、この度オンラインレッスンを開始しました!

今なら、”レッスン25分☓10回分”がなんと無料で体験可能です。

興味がある方は以下のクーポンコードを記入の上、
スキャンもしくはこちらよりお申込みください!

TLI

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。