チベタン・マスティフ(チベット犬)の忠誠心が引き起こした、悲しい事件と良い話




チベタン・マスティフ(通称:チベット犬 中国語名:藏獒 Zàng áo)は一度は名前を聞いたことがあると思います。

しかし、2008年頃に「強くて大きい国産犬」として人気が出た際は、なんとおよそ5000万円、2014年には2億の高値がつくチベット犬が登場したことは、ご存知ないかもしれません。

そんなチベット犬も、今では価格も下がり、業者が肉食用に転売したり、中には飼育を放棄した人によって、野犬化し、人々に被害をもたらしています。

ここまで、既にとても悲しい話ではありますが、日本語のニュースであまり見なかった
”忠誠心があるからこそ引き起こした悲しい事件”があったので紹介します。

チベタン・マスティフとはどんな犬か?

zangao

簡単な紹介は、wikipediaで↓

チベタン・マスティフ (Tibetan Mastiff) は中国チベット高原を原産地とする超大型犬。その名が示すように俗にチベット犬とも呼ばれる希少種である。中国語では「藏獒」(Zàng áo) あるいは「西藏獒犬」(Xīzàng áoquàn) となり、「東方神犬」との異名もある。チベット語ではདོ་ཁྱི།(ドーキー)と呼ばれている。

wikipedia「チベタン・マスティフ」最終更新 2017年11月10日 (金) 11:44

ちなみにチベット高原の西藏はこちら

map zizang

覚えてほしい特徴として
・気性が荒く、力が強い
・体は70cm、70キロもある
・体毛は硬い
・主人への忠誠心が高い

一方で・・・

・特に幼少期に、記憶力が悪い とされ、

私の中国人の知人の言葉を借りれば、
気性が荒く簡単に近づけない上に、記憶力が悪いバ・・

(また1人しか記憶できないと・・)

いずれにせよ、
忠誠心が強いのか(もしくは頭が悪いのか・・)
主人にとても尽くし、敵に対し勇敢に戦い、
護衛犬、猟犬、番犬に優れているとも言われます。

この忠誠心(もしくは頭が・・)が理由で、
悲しい事件が置きました。

悲しい事件とは?

悲しい事件は、2010年4月の玉树地震(青海地震と呼ばれ、チベット自治州玉樹県で発生)の時に起きました。

玉樹県の住民、李多珍さんによると
『藏獒は知られているように、最初の1人の主人に忠誠を誓い、近寄りがたく、獰猛で、護衛犬に最も向いている犬です。しかし、地震後に藏獒の収容にとても苦労しました。』

4日過ぎても主人以外の人があげた餌をちっとも食べず、水しか飲まなかった
地震によって命を落とした近隣住民の家に行き、藏獒を救出に行くと、この犬は廃墟になった家をずっと歩き回っているのです。一度やってきた消防士を追い返しました。私は何度も肉を彼にあげようとしましたが、一切食べなかったのです。
この犬が飢え死ぬだろうと、とても心配しました。』

この地震によって、1人の主人しかいなかった多くの藏獒が、
”无主”(主人がいない)境地に立たされました。

地震によって藏獒(チベタン・マスティフ)の幼犬は8割が亡くなったそうです

しかし皮肉にも、
この藏獒は、静かに廃墟となった家を見守るか、あるい流浪した結果、人々を救助するための来た人々に噛み付くなど、少なからず妨害をも、してしまったのです。

悲しい事件の中での良い話

ここまで悲しい話でしたが、
知っておくべき価値ある話もあります。

ある藏獒は地震が起きる前に警告を発し、主人の命を救いました

チベット族の女性(义西江さん)は家の3匹の藏獒にとても感謝して語っています。

『早朝に一度目の地震が起きた時、藏獒はすぐに吠えはじめました。
私達がどんなに叱りつけても止まらず吠えたのです。
彼女は危機を察知し、家族を外に出しました。すると間もなく地震が起きたのです。』


犬が主人を助けるといった話は良く聞きますが、
チベット犬ほど、純粋な忠誠(記憶力が悪いことも影響あるかもしれませんが)と、強すぎる力の結果、人々に愛されたり憎まれたり、波瀾万丈な犬はいないのです。

ニュース引用先:http://bbs.goumin.com/thread-761896-1-1.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。