中国お仕事日記 10日目 〜3カ国語ミーティングで見出す自分の価値〜




中秋節が近づき、オフィスで頻繁に月餅をもらいます。

おそらく取引先からもらったものを、みんなに配ってくれてるのだと思います。

もらう月餅は美味しく、わたしの月餅=マズイという概念を覆してくれます。

そもそも、月餅のマズさは、
1乾燥してパサパサしてる

2圧倒的に最悪な味がある
せいで、イメージが悪いんです。

中に、卵の黄身、が入ってるのをご存知ですか?

噛むと、表面はサクサク、中に甘い餡が入っていて、あー美味しいなと思った瞬間

しょっぱくてクソ不味い卵の黄身が、現れるんです。

あれは、好き嫌いがない私が、この食べ物界で食べた他の何よりもマズく、不快で、

あれを発明したやつ本当に許せない。

出てこい!

電話会議

今日は、日本と電話会議がありました。

先方は日本人、こちらは中国人と私、です。

tel-meeting

基本英語で行われる会議ですが、

会議中は、時にこちら側でヒソヒソ相談したり、
先方がヒソヒソ相談したりします。

そのヒソヒソを英語に変換して話す訳ですが、
それは話す内容を決めた上での言葉で、

ヒソヒソで考えていた目的やニュアンスは、
若干異なることもあります。

そこを汲み取り、同僚に解釈することができたのは、
少なからず自分の価値が、いやちょっとかもしれないが、
価値があると感じたものでした。

3連休は、中国人友達が連れてくる友達たち、
総勢10人くらいで遊ぶことになりました。

よいおやすみを!

今日はこれくらいで、

再見!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。