中国お仕事日記20日目 〜ついにきてしまった、契約更新タイミング〜




久しぶりの更新になりました。

現地企業(欧州系だけどほとんど中国人)に転職してから、約11ヶ月、ついに9月で1年間の契約更新のタイミングになります。

以前にも触れましたが、クビと隣り合わせの環境におり、現地スタッフよりも給料の高い外国人は切られやすいのです。(以前の記事)

そして仲良かったドイツ人のお姉さん(岩盤浴とか一緒に行ってました・・)が、

ドイツ姉さん「わたしはこの会社にいられなくなった。契約更新がなかった。」

と、突如言い出し、2ヶ月前ほどにドイツへ帰っていきました。

(;_;)/~~~

そんな状況下で

先週、突然同僚が、

同僚「ボスが会議室であなたを呼んでるよ!」

私「何の要件だろう?」

同僚「知らなーい」

(なにやら嫌な予感が・・)

コンコン、ガチャ

と会議室に入ってみると、私がシェアしたメールに対する質問が終わるやいなや

おばちゃんボス「お前の契約は9月で切れるよな。1年契約の。そろそろ」

わたし「はい。(げっ、きた)」

おばちゃんボス「1年のさ、貢献した点とかを、自分で分析して報告して」

わたし「え、いま!?」

おばちゃんボス「今でもいいよ」

わたし「いやいや、今はむりです。またまとめて報告します」

おばちゃんボス「来週から出張続きだから、はやめにな~」

わたし「じゃあ、また今度。」

ガチャ、バタン

焦った~~~ (汗)(汗)(汗)

契約更新前の1ヶ月前に急にくるんだな~と。仮にきられる場合のこっちの転職準備期間なんぞ全く考えてないですね。

我社はその人材管理とか、育成とかは微妙すぎるし、故にシニアと若手が多くて中間層が少ない構造になっています。

ここからは、おそらく以下の観点からわたしの行き先が判断されると思うのですが、

①わたしの貢献度

②日本市場ニーズ

③販売代理店(日本)と、日本支部とのリソースの兼ね合い

④会社の業績、貯蓄、方針

と考えているのですが、

②はポテンシャルあるので問題ないとして、

①は、③の販売代理店とのやりくりがかなり難しく、自分でコントロールできる範囲が狭い時期もあったのですが、別ブランドも担当するようになり、そのブランドでは自由にできることから貢献はできていると思っています。ただ前者ブランドの売上割合が大きいので、どう判断されるかなといったところです。

③は、最大の販売代理店が営業が強い一方、マーケティングが弱く、自分たちのマーケティングプランは受け入れられにくく、彼ら自身のアイディアで実施したいと思う会社なので、提案が通ることはかなり低いです。こちらに提案することはできるだけ避けています。もしこれが続くようですと、わたしができることは少なく必要なくなります。2番手の代理店とは仲良く、かなりスピード感もってコラボできているので、こちらを評価されるのであれば問題ないと思っています。

④は最近外国人が減っており、昨年来たときは10人以上いましたが、今ではわたし含め4人程になってしまいました。コストカット傾向にあるようで、外国人にとっては厳しい環境になりつつあります。

とりあえず過去をしっかりさかのぼって、報告資料等の準備をしたいと思います。

果たして新しい契約を勝ち取ることができるのか・・? と不安ですが、自分ができることはやってきましたがので、堂々と報告してきます。

再見!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。