中国で錦鯉が爆発的に人気になった原因の解明




中国で錦鯉jǐn lǐが爆発的に人気
になった原因の解明
今日は「錦鯉」が中国のインターネットで爆発的に人気になった過程を話しです。
Q 转发锦鲤新小呆
“zhuǎn fā jǐn lǐ xìn xiǎo dāi (信小呆の画像が転送される)”とは何のことか知っていますか?

昔のことわざにlǐ yú yuè lóng mén 鲤鱼越龙门というものがあります。黄河を登っていた鯉が竜門を飛び越えて竜になったという伝説です。この言葉で、職業において成功を手にした人や、ポストの昇進の面でずっと運の良い人のことを表現します。

ko1

中国の春節では、”nián nián yǒu yú 年年有余 (「毎年魚がありますように」魚は富の象徴で、鱼と余(“余る”の意味)の発音をかけている)”という言葉を用いて幸運を祈り、生活が豊かであること、毎年あり余るほどの富と食糧に恵まれることを表します。

ko2

#zhuǎn jǐn lǐ  转锦鲤#

錦鯉の転送

インターネット上での流行語の1つで、「錦鯉の画像を転送する」ことを指します。これは一種の社会現象になりました。錦鯉は富の象徴なので、人々は錦鯉の画像を転送することによって幸運をつかもうとしています。ブロガーによって転送量獲得にも利用されています。

ko3
Q

しかし徐々に「杨超越」と同じ現象に変わりつつあります。どういうことでしょうか?

A
ko4
杨超越という幸運な女の子のことを紹介しましょう。彼女は農村出身で、家が貧しかったので、学校を辞めて働かなければなりませんでした。2018年、彼女は2000元の出演料がもらえる番組広告に引きつけられて、全国アイドル大会に参加しました。彼女は歌やダンスが得意ではありませんでしたが、自信を村の花、村の希望と名乗り、試合結果は悪かったのですが、ネット上での知名度がどんどん高くなり、第3位になりました。この現象は社会的に大きな争論を引き起こし、インターネット上では“zhuǎn fā zhè gè yáng chāo yuè, rén shēng kāi guà 转发这个杨超越,人生开挂(杨超越の画像を転送して、人生の勝ち組になろう)”という言葉まで生まれました。
Q:
国慶節の期間、この話題はグレードアップしました。ネット上では“zhuǎn fā jǐn lǐ xìn xiǎo dāi 转发锦鲤信小呆(錦鯉の信小呆を転送しよう”。という言葉が生まれました。今度は何が起こったのでしょう?
A:
ko5
支付宝(Alipay)は公式微博でこんなお知らせを発表しました。“国慶節に海外旅行に行かれる皆さま、支付宝の支払い画面に注意してください、気をつけないと無料になってしまいますよ。”

ユーザーが指定の微博を転送し、支付宝が10月7日に中国錦鯉を持つにふさわしい1人を抽選で選びます。今回の中国錦鯉の賞品は海外有名ブランドやメーカーによる提供で、飛行機のチケットやホテル、食事、電気商品、映画チケット、化粧品などで、さらには20万元に相当する2カ月のアメリカでのパイロットの個人レッスンまでありました。賞品の目録はとても長く、全てよく見て終わるのには3分かかります。あるネット民はこの賞品の価値に注目し、見積もると目に見える価格と目に見えない価格を合計して億単位だということです。

2018年10月7日、支付宝は信小呆が、中国錦鯉世界無料プレゼントを獲得したことを発表しました。当日に微博で302万回のネット上で転送されました。

ko6 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。