広まる中国欧州の貿易ルート。鉄道「中欧班列」がますます拡大。/ 义乌中欧班列500列




今日の中国ニュースは、中欧班列についてです。

クリスマス商品を全世界に輸出する地域としても有名な「義鳥市」からの中国から欧州への定期列車(鉄道)が12月24日までに500便を今年だけで突破し、20フィートコンテナは4万個、昨年比で63.2%増加しました。

“义乌中欧班列500列”掀起中欧贸易新高潮

一列满载50个标箱出口货物的中欧班列从义乌西站发出,前往西班牙马德里。至此,中欧班列义乌站今年开行已突破500列大关,发运标箱超过4万个,同比增长63.2%

http://say.cqnews.net/html/2019-12/25/content_50754888.htm

義烏市は、私の友人も、「中国でもっとも”小さい商品の集まる卸売り市場”」と称していました。

中欧班列とは?

中欧班列はJETROで詳しく説明されていますが、

2011年にドイツ・デュースブルクと重慶の間で「中欧班列」の運行が開始され、そのあと運行本数は急激拡大し、海上輸送、航空輸送に次ぐ第3の輸送として認知が高まってきました。

「中欧班列」で中国から欧州へ。欧州、そして東南アジアへ、広まる物流ルートの選択肢(5

https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/b88c335d51649295.html

これは日本企業にとっても、航空便にするほどでもないが、船便よりも日数短く輸送したいというニーズに合致し、またサプライヤーは顧客に対して、物流会社は荷主に対して、商品の種類やロット、納期、コスト等の組み合わせで、多様な提案をすることができるようになります。

輸入品、輸送品

中国からは電子製品、高級服、文房具や体育用品などを輸送し、逆に欧州からはロシア牛乳、フランスワイン、ドイツの鍋や、スペインのオリーブオイルなどお互いにメリットがあります。

如今身处欧洲就可以用到来自中国制造的电子产品、高档服装、文体用品等。而在中国的百姓在家门口就能享受来自俄罗斯的牛奶、法国的红酒、德国的锅具、西班牙的橄榄油等等,商品供不应求。方便的贸易往来让中欧两地的人民真真正正的享受到了“中欧班列”带来的实惠!

鉄道ルートとともに、義烏市はますます注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。