2018年の中国1〜5級都市の商業魅力ランキング発表




四つの一級都市の順序が入れ替わりました
北京、上海、広州、深センの順が上海、北京、深セン、広州の順番になりました。15個の一級都市も順位が一部入れ替わっています。
順番に、成都、杭州、重庆、武汉、苏州、西安、天津、南京、郑州、长沙、沈阳、青岛、宁波、东莞、无锡です。

中国都市商業発展のランキング

中国都市商業発展のランキングの発表以来、一級都市の順位は三年間変化しています。北京は1位独走であり続けることはできなくなりました。人材や新しいものを生み出して行く未来的な可能性はやはり北京が第一位ですが、都市としての活性度、活気は去年より順位を一つ落としました。深センの商業発展の指数は今年広州を追い抜き、三位に浮上しました。特許開発数は例年首位であることに加え、GDPも2017年には2万億元を突破しました。深センでは新しいものが育ちやすい環境が整えられており、中国の一級都市の中で突出してその向上を続ける成長力をむき出しにしています。新たに加わった一級都市の中で无锡(むしゃく)は1年間かけてまた一級都市に復帰した都市です。重慶、蘇州、郑州は三年連続で順位を上げました。また東北部の都市は衰退していて、沈阳は順位を一つ落とし、大連は一級都市のリストから姿を消し、昆明の次の21位にまでランクを下げました。

ますます多くの都市が、人材こそが都市の発展には不可欠であると認識しています。今年初め、南京、杭州、成都、西安、武汉などの新一級都市が相次いで人材に関わる政策を打ち出し、高学歴者や専門技術を持つ人を集めようとしています。まさにこれは人材争奪戦と言え、都市の発展の核心的要素を占めています。

商業資源の密集度と言う観点から考えると、杭州、苏州また武汉などは商業が多く集まっており、高い実力を有しています。杭州の核となる商業区は新しい一級都市の中で一位を獲得しており、林広場と新興西湖湖濱商業区と钱江新城はともに杭州の最強の商業区を作り上げています。

ブランドはどのように都市を選択しているのでしょうか?ブランドのその都市の商業体制や品質、雰囲気に対する評価が挙げられます。成都は依然として西南地区においてハイブランドの入口となっており、成都での消費量は三年連続で広州やその他の一級都市を上回っています。さらに、統計によると去る1年間で新たに158のブランドが重慶で増えており、新一級都市の中で最も成長力が秀でています。

都市の中枢機能も重要な競争力です。

都市の関連は一つのネットワークに例えることができるでしょう。各都市はネットワークの結節点で、強い放射力(発信力)のある都市は周辺の都市に多くの商品、資源、人材を運び、弱い放射力の都市は受け身の立場が続いています。

都市の高速鉄道の駅数、民間航空が直行するとしの数、高速道路の本数や交通の基盤設備などのデータ、および都市間の往来のデータに基づいて、都市の交通網の中枢度が判断されます。

他にも、今年の物流の到達度指数は物流センターの数以外に、新たに各都市の荷物の発送や受取のデータも加味されました。义乌がある地方都市の金華は特に秀でており、この分野で二位にランクインし、物流が発達している一級都市広州に続きました。

商業資源の中心度指数は各都市の商業ブランドや他の都市との関連性に基づいて総合的に判断されます。華南の広州と深セン、西南の成都と重慶、東北の沈阳と大連の商業資源の比率は均一で、上海、北京、武汉と西安は各地域において絶対的優位な立場にありました。

中国都市ランキング1

一つの理想都市の模型があるとすれば、都市での人々の行動は無視できません。人の活発度は都市の重要な指標となります。

消費の活発度数は都市の人々の活発具合を測る目安となります。それは都市に住む人々の支払い能力や各都市の商業サービスの能力を明らかにするものでもあるのです。この点で江浙沪地区は突出しています。ネットショッピングの利用者ランキングで上位10都市のうち9つは江浙沪地区に属しています。杭州のネットショッピング利用者の平均購入数は4つの一級都市を追い抜き第一位を占めています。成都、武汉、重庆などは中西部都市は一日の平均映画鑑賞の規模が最大の新一級都市で、人口を十分にカバーできる市場が整っています。

夜間の活発度数は都市の夜間の生命力だけではなく、都市の経済効果や社会産出の潜在力を表します。区域ごとに分けて見ると、華南と華東は夜間活動が活発で、苏州、杭州、东莞はもっとも活発な新一級都市です。

不安指数も都市の成長力を明らかにするもので、積極的な生活状態を示しています。成都はその指数がもっとも高い新一級都市です。成都の人は旅行を楽しみ旅行記録をシェアしたり、レンタサイクルをすぐに活用したり、高い生活の活発度数を維持しています。

また、未来の可能性指数、つまり都市が将来人にどのような想像と可能性の空間を与えることができるかを観察しようという試みがあります。成都、杭州、天津、武汉、重庆はこの点で上位五位にランクインしており、杭州、成都は創造の分野の土台や有志の面での規模が一級都市の僅差であるので、創業のもっとも良い環境であると言えるでしょう。南京は優良な学生が豊富に集まっているの新一級都市ですが、卒業生が留まる割合が低いのが難点です。

中国都市ランキング2

本記事はCIITALKより編集して掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。