中国の目指す”双一流”の成果? /アジア大学ランキング、中国の大学がトップ10に7校。




イギリスのクアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds)の発表によると、11月27日公布の2020年アジア大学ランキングで、中国大陸の大学が4つの席を、香港の3大学を含むと7大学がランクインしました。

据英国《英中时报》报道,当地时间11月27日,英国QS全球教育集团发布2020亚洲大学排名,中国大陆高校首次占据亚洲前十名中的四席:清华位列亚洲第4,紧随其后的是北大(亚洲第5),浙江大学(亚洲第6),复旦大学(亚洲第7名)。此外,中国香港有三所高校入选亚洲前十。

2009年と比較すると、当時は1校だけが大陸の学校でランキングに入っていましたが、今は4校となりました。

和2009年首届QS亚洲大学排名对比,中国大陆顶尖大学进步显著。2009年,只有一所中国大陆高校进入亚洲前10,现为4所。

中国の165の大学がアジアトップ500に入り、アジアで一番となりました。インドの101、日本87、韓国71と比較しても多いことがわかります。

中国165所大学进入亚洲500强,数量亚洲第一。其次是印度(101所),日本(87所),和韩国(71所)。其中,中国大陆118所(新增6所:南京工业大学、上海理工大学、广东外语外贸大学、贵州大学、西安建筑科技大学、东北农业大学),中国香港8所,中国台湾37所,中国澳门2所。

QSグループのChristina Yan Zhangは、高等教育はとても早く発展しており、

‘双一流建设’の効果が顕著に見えてきている

と述べています。

QS全球教育集团中国总监张巘博士(Christina Yan Zhang)说道:“(中国的)高等教育迅猛发展,‘双一流建设’效果显著。中国最顶尖大学的学术成果已经得到了国际社会的广泛认可。今后,中国在迈向教育强国的过程中,也一定会探索出具有中国特色、世界一流的大学管理体系,积极建设世界一流的智慧校园、教学质量、校友合作、知识转化和终身教育。另一方面,帮助尚未入选双一流的众多地方性大学搭建好的平台,吸引国内外优秀人才和资源,促进地方经济的发展,区域经济的平衡,以及产业的升级换代,适应世界高等教育新的历史变革,促进中国和世界的繁荣稳定,早日实现人类命运共同体。”

英媒:QS大学排名 中国7所高校跻身前十

https://oversea.huanqiu.com/article/9CaKrnKo96L

双一流建设とは?

一流大学と一流の学部をつくり、高等教育を内在式で発展させる。という概念です。

習近平が2017年の19回共産党全国代表会議でのべた報告書にある内容で、人々の満足する教育を実現し、仕事熱心に、また創造する活力を呼び起こさせるために学校の建設、改革、発展を推進させることを目指します。また、西迁精神の精神の重要性も指摘しました。

十九大报告指出,要加快一流大学和一流学科建设,实现高等教育内涵式发展。李克强总理在2019年《政府工作报告》中再次强调,要推进一流大学和一流学科建设,努力办好人民满意的教育。这就要求我们必须激发全校师生拼搏奋斗的工作热情和创新活力,不断把学校建设、改革、发展各项事业推向前进。要认真学习贯彻习近平总书记关于“西迁精神”重要指示精神,

“双一流”建设如何推进

http://www.qstheory.cn/llqikan/2019-04/16/c_1124374624.htm

西迁精神とは?

1956年に交通大学を上海から西安に移動させる過程(様々な苦労)で得られた重要な精神のことで、

西迁精神”是在1956年交通大学由上海迁往西安的过程中,生发出来的一种宝贵的精神财富。

まとめると、大局を胸にいだき、私欲なしに貢献し、伝統を破天させ、もがきながらも新しい創造をしていく。ことだと述べています。大西北と呼ばれる地域の方へ、学問をもたらし、西地域の発展に貢献したことを比喩に、この精神の大切さを説いています。

胸怀大局,无私奉献;弘扬传统,艰苦创业

中国は1党が故に、1つのスローガンに対する執行力、スピードがとてつもなく早いと感じます。人口パワーと、それをまとめる求心力で、発展は加速していくでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。