中国人は旧正月に団子を食べるのを知っていますか。元宵節(元宵节)には汤圆を食べよう!




昨日は元宵節だった。

元宵節に関する単語を勉強しましょう。

元宵節:元宵节(yuán xiāo jié)

元宵節は元夕、元夜と言われ、上元節とも言われます。元宵節の日は春節後最初の満月の日です。歴代灯篭祭りが行われるので、灯節も称されます。

元宵団子:元宵(yuán xiāo)
ゴマ団子:汤圆(tāng yuán)

旧正月の15日の元宵節に食べる元宵は旧正月の締めくくりと言えます。熱湯の入れられた鍋で茹でる際、湯の中で団子が踊る姿を天に輝く満月に見立てた。そして家庭が団円(円満の意味)と音が似ている「湯円」という漢字が使用され。

灯謎:猜灯谜(cāi dēng mí)

「灯謎」を解くことは元宵節の遊びで、宋朝から始まります。人によってはなぞなぞを紙に書いて灯籠やちょうちんの上に貼って当てさせます。なぞなぞは知恵を啓発でき、そしてとてもおもしろいので世代を超えてたいへん受けがよいです。

元宵節行事紹介

人々は元宵節に灯篭祭りのほかに、紫姑という便所神を祭り、橋を渡り城門の銅釘を触り万病を治すなど習慣がありました。

また太平鼓をたたく、ヤンコ踊りを踊る、高足踊り、竜灯舞いをする、獅子舞などの遊びがあります。同時に、時節向きの食べ物を食べます。

南北朝時代に肉と動物性の油を入れたマメのかゆ、又は米のかゆを食べて、唐代に「面繭」という小麦粉で作った食品とトウモロコシや粟などの粉をこねて焼いた「餅」を食べて、宋代にダイズを煮てから発酵させたものを煮て作ったスープとリョクトウ粉で作った「科斗羹」を食べます。

そして今のように、元宵節には中国の南部と北部地方では「元宵団子」を食べる習慣があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。