顔認証で宅配便を受け取る時代がやってきた!(中国)




顔認証が宅配便を受け取るニュースを紹介します!

不用掏手机也不用输入验证码,只要扫扫脸就能从快递自提柜 取出包裹,刷脸时代来了

スマホを取り出す必要も、確認コードを入力する必要もなく、顔をスキャンするだけで、宅配位便ボックスから荷物を取り出せる時代がやってきた。

https://sv.baidu.com/videoui/page/videoland?pd=bjh&context=%7B%22nid%22:%2212595065986612880062%22,%22sourceFrom%22:%22bjh%22%7D&fr=bjhauthor&type=video

菜鸟网络日前宣布,国内所有带摄像头的菜鸟驿站智能全部开通刷脸取件功能,消费者可以在柜子上自主选择 授权使用刷点取件功能,该项功能的全面应用被业内称为无人物流的最后一块拼图。

アリババ参加の物流会社・菜鸟网络はこのほど、中国国内にあるカメラが搭載されている同社のすべてのスマート宅配ボックスで顔認証システムが利用できるようになったことを発表した。利用者は宅配ボックスで同システムを選択すれば、顔認証による荷物の受け取りという機能を使えるようになる。この機能が全面的に採用されることによって、業界関係者からは無人物流の最後のピースが埋まったとの声が上がっている。

刷脸取件终于落地 源于人脸识别技术的突破,阿里安全图灵实验室高级的算法专业家觉奥坦言,目前快递是自提柜,设置大都在全国各个小区。
人脸识别要克服的室内外环境十分复杂,地下室灯光暗 室外白天夜光照差异大。
阳光 灯光会带来一个逆光和阴影。此外 自提柜摄像头安装在快递的固定位置 这导致不同身高的人。在人脸识别时脸部角度会有区别

这些都要求人脸识别技术有足够强的适应能力,以确保高识别率 觉奥说

顔認証による荷物の受け取りが実現したのは、顔認証における技術的なブレークスルーが得られたからだ。阿里安全図霊実験室の専門家である覚奥氏は、現在宅配便ボックスのほとんどは中国全土の各団地に設置されているが、顔認証システムの導入にあたり、克服しなければならない室内外環境は非常に複雑だ。地下の場合、暗かったり、室外でも日中と夜では明るさが大きく異なり、太陽の光でも、電気の光でも逆光や影が問題となる。その他、宅配ボックスのカメラを固定の位置に設置すると、利用者の高さによって、認識する際の顔の角度が異なるという問題が生じる。それらの課題を克服するにはハイレベルの顔認証システム技術が必要となると率直に述べた。

不过,对于消费者来说最关心的还是刷脸识别的安全问题

しかし、利用者が最も関心を寄せているのは、顔認証システムの安全性だ。

在此前的菜鸟驿站柜已经产生了超过百万只刷脸取件记录,经历了多次技术更新迭代截止目前 尚未发现误识导致误取包裹事件菜鸟驿站智能柜高级工程师 赵德山说,

その点に関し、菜鸟驿駅スマート宅配ボックスのシニアエンジニア赵德山氏は、今回の試験的な導入で、宅配ボックスの顔認証機能が100万回位上利用され、技術のアップグレードが何度も実施された。現時点で、ご認証によるトラブルはまだ起きていない。

刷脸取件背后需要环环相扣的身分验证交互流程,同时后台也要经历多次比对和检测。即便是使用本人的照片,视频都无法通过。如果消费者因为整容等原因导致容貌发生较大变化,也可以通过智能柜来更新照片,使用取件

顔認証による荷物の受け取りの背後には、密接なかかわりを持つ身分認証のプロセスが必要で、バックグラウンドでも、比較や生体認証が繰り返し行われる。本人の写真や動画を使っても、認証することはできない。美容整形などによって、容姿が大きく変わった場合は、スマート宅配ボックスを通して顔写真を更新して、顔認証による荷物の受け取りを利用することができると紹介した。

この記事はCIICTALKを編集しています。







スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。